裏読み読書

本を読んで感じることは人それぞれ。

モンテ・クリスト伯 読書メモ81

チェスの一手
f:id:kazbot:20170728181259j:plain

場面は変わりダングラールとモンテ・クリスト伯。


何故かこの二人のやり取りは、復讐する者、される者、という関係でありながらユーモアを感じさせる。


モルセール、ヴィルフォールとの緊迫したやり取りとは異なるダングラールの滑稽さ、ここに注目したい。


伯爵の対応も、掌で転がす様に自在で確実。

寸分の隙もない。


巧みにダングラールの自尊心や見栄を煽り、思い通りの行動をとらせる。

その合間に見せる仕草がまた面白い。

じっと天井の金細工を眺めて待つ。


この一文で目に浮かぶのは、ソファーに姿勢良くかけ足を組み、悠々として天井を眺める伯爵。
つまり、顔を上げている伯爵の姿。

既に圧倒的勝利の姿が印象的だ。

一方煽られたダングラールは、必死に自分の力量を示さんが為に、下を向き鷲ペンを走らせている。

つまり、敗北を示している。


この構図、漫画化すれば絵になる。


かつて、ダンテスは船長に、その会計係にはダングラールが決定していた。

その本来の主従の姿が、奇しくもこの瞬間に再現されている。

過去のダングラールは嫉妬のあまり、その事実を受け入れられずダンテスを牢獄へ送った。
しかし、長き時を経てダンテスは、その奪われた地位を取り戻した。

この僅か数行の描写。

しかし、ダンテスにとっては、長らく待ち焦がれた瞬間なのだ。

勝利、そしてこの後に起こる全てを予測した余裕。

ダングラールの精一杯の見栄である支払い手形。

伯爵は、王手となるチェスの駒を動かす。


巧みな話術。

ダングラールの性格と、知能を見抜き抜いた策略。

ダングラールは、それとは知らずノコノコと罠の中へと自ら進み出る。


そして、帰る伯爵と入れ違いに訪問するボヴィル。

あれほど本心を見せない伯爵が、ボヴィルとすれ違い様に微笑を見せる。
エデとの一件以来、伯爵がより人間らしく蘇生しつつある証拠がここにもある。



計画は成功。

遠退く馬車の音。

ダングラール「男爵」の終焉。